インフルエンザは毎年猛威を振るい、特に15歳未満の幼児が罹りやすい病気です。学校で集団感染による学級閉鎖等のニュースを聞きますが、インフルエンザ流行時期に入る前にきちんと手洗いやうがい等の対策をしておきましょう。

横浜市泉区の高齢者予防接種とインフルエンザ迅速キット

市町村ではインフルエンザの対策を地域に密着した形で行っていくことが必要になります。国や都道府県の指導にしたがって適切な行政を行っていくことにより、実質的な対策を行っているのは市町村やそれよりも小さな地方自治体に他ならないでしょう。横浜市泉区では予防接種法にしたがって高齢者のインフルエンザ予防接種の支援を行ってきています。平成27年に発表された横浜市泉区の規定では接種費用として2000円を必要とするということになっており、状況によっては無料で接種を行う措置をとっています。実施期間も地方自治体によって異なりますが、横浜市泉区の場合では10月1日から12月31日を予定しているという状況になっています。こういった形で高齢者の予防接種を推進するのは、感染にともなって合併症などを伴うハイリスク群に属しているからであり、インフルエンザを治療することよりも予防することを重視しなければならないためです。しかし、こういったサービスが提供されていても予防接種を受けない人は多く、医師の診断を受けて治療をすることになってしまう高齢者も多いのが実情です。診断においては迅速な検査キットが用いられるようになったことで、他の病気による症状との区別がつけやすくなりました。高齢者の場合にはただの風邪でも重篤化してしまうリスクがあり、正しく診断を行えるということが他の人以上に重要なことになります。風邪かインフルエンザか区別がつかないという状況になることも稀ではなく、検査キットがあるということは医療従事者にとって大きな恩恵です。全ての高齢者が予防接種を受けてくれれば良いものの、そうでもないゆえに必要となるのが正確な診断なのです。