インフルエンザは毎年猛威を振るい、特に15歳未満の幼児が罹りやすい病気です。学校で集団感染による学級閉鎖等のニュースを聞きますが、インフルエンザ流行時期に入る前にきちんと手洗いやうがい等の対策をしておきましょう。

24時間で100万個になるインフルエンザと空気清浄器

インフルエンザは冬になると流行の兆しを見せます。その原因の一つは空気が乾燥していることにあります。インフルエンザウイルスはたった1個が体内に侵入するだけで、16時間後には1万個、24時間後には100万個にもその数を増やし、まだ症状が現れていない潜伏期間にもウイルスを空気中に排出して感染を広げてしまうため、気づかないうちに感染してしまい、爆発的に患者数が増えていくのです。自宅やオフィスでできる感染予防対策に、空気清浄加湿器を利用しましょう。
空気清浄加湿器は空気中の小さなチリやごみを取り除き空気を綺麗にしながら、加湿をしてくれるものです。インフルエンザウイルスは感染者がくしゃみや咳と一緒に空気中に排出したウイルスが、人の喉や鼻の粘膜に付着し感染、増殖をすることによって症状が発症します。通常、人間の喉や鼻の粘膜は潤っていて、外部から体内に入ろうとする菌やウイルスを防御する役割を果たしていて、万が一ウイルスが体内に入って来ても発症を防いでくれています。しかし空気が乾燥することによりその防御機能が弱まり、さらに乾燥することでウイルスがいつまでも空気中を漂うため、インフルエンザウイルスの感染と発症を許してしまうようになるのです。また、空気中の小さなチリやごみは気づかないうちにのどの粘膜を傷つける原因にもなります。喉や鼻の粘膜の防御機能をしっかりと働かせるためには、綺麗な空気と適度な湿気が必要となるのです。その両方を一度に満たすのが、空気清浄加湿器です。綺麗な空気を保つことで喉や鼻の粘膜が傷つくことを防ぎ、さらに適度な湿気が空気中に漂うインフルエンザウイルスの数を減らし、さらに人の喉や鼻の粘膜の防御機能を高めてくれるのです。